ジビエでダッチオーブン

2018/05/15

ジビエでダッチオーブン

今月に入り、Forema協賛の小規模イベントが続けてありました。その中で好評だったのがダッチオーブンを使ったごった煮。いわゆるラタトゥイユです。お肉は鹿もしくは猪のスネ肉で、単価も安く、基本的には放置プレーなので心も体も楽々。どの参加者からも好評を得た抜群の安定感はオススメです。

レシピ→猪スネ肉のトマト煮込み

ダッチオーブン

厳密にはお肉を先に炒めた方がいいのですが、状況がカオスの時は一挙にぶっこんでもそれなりにまとまるのがダッチオーブンの魅力。低価格のエントリーモデルもいくつか出ているので、ぜひ試してみてください。

猪のスネ肉

ちなみにForemaで使っているのはキャプテンスタッグのもの。トライポッドとダッチオーブン合わせて1万円くらいでいけました。重くてデカくて邪魔だと思われがちですが、存在価値高いです。 スネ肉のご購入もお忘れなく。

尚、Foremaではイベントごとやレジャー用途の食材調達のご相談も随時承っています。これからのアウトドアシーズンでジビエを活用したい場合はお気軽にご連絡ください。