• 鹿シンタマブロック
  • ★★★★★2件のカスタマーレビュー

  • ¥2,727 (税抜き)
  • カテゴリー:鹿 シンタマ
  • 商品コード:SK18002STM0-BL
  • 鹿シンタマブロック
  • 鹿シンタマブロック
  • 鹿シンタマブロック
  • 鹿シンタマブロック
  • 鹿シンタマブロック
  • 鹿シンタマブロック

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: 1942dsn   2018年02月13日   オススメ度:  ★★★★★

  • 投稿者: kum_i   2016年05月30日   オススメ度:  ★★★★★

自然界の造形美。イミダペプチドも豊富な鹿のシンタマです

シンタマはモモ肉を構成するお肉の中の一つの部位で、他のお肉にはない魅力的な丸みが特徴です。野生の鹿は2mの柵を超えるほどの跳躍力があり、これを支える筋肉のしなやかさが凝縮された、赤みの密度の高さが感じられる上質のお肉です。

(関連記事:鹿モモはイミダペプチドが豊富)

重量:500g目安
形状:ブロック

注意事項

この商品は不定貫のため、重量はあくまで目安です。実際に発送される重さによって正確な金額が決まるため、後から金額が上下しますので予めご了承ください。また、金額変動の都合から、決済方法は後払いコムをご指定ください。

鹿のシンタマはこんなに活躍!

シンタマの炙り焼き

用途としてはその形状を活かしたステーキやオーブン焼き、燻製などが適しています。また、アウトドア用途においてはブッシュクラフトの炙り焼きなど、印象的なシーンの演出にも役立ちます。

ひとくくりにモモとして扱われることが多いため、シンタマ名義での流通は珍しい一方で単価はリーズナブルな傾向が強い穴場的な優良食材。あっさり淡白なのでいろんなソースで味付けを楽しんでみては? 栄養素も豊富で美容と健康とエイジングケア(※)にも有益。そして赤ワインとの相性が抜群です。まん丸な形状とヘルシーな美味しさが愛しくなってリピートする人も多い逸品をご賞味ください。

(関連記事:イミダペプチド含有!鹿のシンタマ再入荷)

鹿シンタマのブッシュクラフトBBQ

ナイフで削ぎながら食べる

鹿肉は高温だと硬くなるので、遠火で時間をかけてじっくりと熱を通しました。サイズにもよりますが3〜4時間、場合によってはもっと炙る場合も。時間がない時は人の距離を近づける、もしくは火の通った表面からナイフで削ぎながら食べるという方法もあり。

鹿肉は子供も大好き

鹿肉というと大人の食べ物というイメージがあるかもしれませんが、実際には子供たちから大好評なファミリー向けの食材です。

(関連記事:ジビエでブッシュクラフトBBQ)

鹿シンタマの燻製

鹿の燻製

意外と簡単にできる鹿の燻製レシピのご案内。ご自宅でも簡単に。もちろんアウトドア用の燻製機でもOK。レシピは下記のページで記載してありますのでご参照ください。

→ 鹿シンタマのレシピ一覧

3f8c94cacc70e84a7c7089a56a6394df

<h3>鹿のシンタマについて</h3> シンタマはモモ肉の一つで、アキレス腱へとつながる丸い部位。柔らかな内モモ肉に対し、筋肉の張りとしなやかさを感じられる躍動的な肉質です。通常のもモモ肉同様にあらゆる料理で活躍しますが、ステーキやロースト、ハム、燻製といった、お肉の形状や特徴が活きやすい使い方がオススメです。 シンタマを含め、鹿のモモ肉にはイミダペプチドの一つであるバレニンが多く含まれることが近年の研究で分かってきました。バレニンは疲労回復やアンチエイジングの効用が注目されています。鉄分も豊富ですし、女性やアスリート向けという側面も多くあります。 <h3>鹿肉の特徴</h3> ​鹿肉は牛肉に比べてあっさりしており、低カロリー高タンパクの優良食材です。 カロリーは牛肉の3分の1、脂質は10~15分の1とヘルシー。一方で鉄分は3倍、たんぱく質は1.5~2倍と、滋養強壮にも優れています。食べても胃にもたれず脂肪が蓄積しにくい為、美容と健康の味方とされています。 特にその鉄分は「金属探知機が反応する」という表現があるほどで、事実、鹿のロースステーキなどは食べた瞬間に『なんとなく鉄っぽい味』がします。 鹿肉の鉄分はヘム鉄と呼ばれるもので血液を作る重要な役割を担うもの。貧血気味の方には特に重要な成分と言えるでしょう。 お肉の質感はしっとりして密度が高く、柔らかくて口当たり良好。赤ワインとの相性が抜群です。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。