• 鹿ヒレブロック 福井県産
  • ★★★★★1件のカスタマーレビュー

  • ¥3,500 (税抜き)
  • カテゴリー:鹿 ヒレ
  • 商品コード:SK18002HR0-BL
  • 鹿ヒレブロック 福井県産
  • 鹿ヒレブロック 福井県産

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: yoshikawa   2016年03月14日   オススメ度:  ★★★★★

鹿ヒレブロック+ヒレもどき 550〜650g

福井県山間部で捕獲された鹿の「ヒレ肉」と「ヒレもどき(棒)」肉。ともに脂身の無い、柔らかいお肉のかたまりといった風で、料理の食材としては万能の部位。形が良いのでローストやカツをはじめ、様々な用途に。

ヒレは内ロースとも呼ばれるようにロース肉の内側に位置し、脂身の多いロース肉とは対照的に、お肉としての純度が高い部位。一頭から取れる量が限られているために希少価値が高い部位でもあります。

一方のヒレもどきは厳密にはモモの一部ですが、見た目も味もヒレそっくりで、人によってはヒレよりも美味しいという場合も。

鹿肉はもともと鉄分が高く、中でもヒレ肉はその象徴のようなお肉。肉質も密度が高くて味覚的にも鉄分の豊富さが伝わってくる独特なもの。特に女性に喜ばれそうな食材です。

※ヒレのサイズが大きい場合はヒレもどきが含まれない場合もあります。予めご了承ください。

B08ee2a78e9bd4e234e12e728ff11e5d

<h3>鹿ヒレ肉について</h3> 鹿肉の中で最も鹿らしいのがヒレ肉。鹿肉全般が赤身で、マグロやクジラのような不思議な味わいがありますが、ヒレ肉はその特徴を凝縮させたような部位だと言えます。 とても柔らかく、かつ鉄分を凝縮させたような風味は独特で、高級和牛のようであり高級赤身魚のようでもある「グルメ志向の強さ」は特筆。どちらかというと女性から好まれそうな品です。 好きな人は何度もリピートするような強い魅力を秘めていますが、とれる量が少ないため、比較的レアな部位の一つです。 <h3>鹿肉の特徴</h3> ​鹿肉は牛肉に比べてあっさりしており、低カロリー高タンパクの優良食材です。 カロリーは牛肉の3分の1、脂質は10~15分の1とヘルシー。一方で鉄分は3倍、たんぱく質は1.5~2倍と、滋養強壮にも優れています。食べても胃にもたれず脂肪が蓄積しにくい為、美容と健康の味方とされています。 特にその鉄分は「金属探知機が反応する」という表現があるほどで、事実、鹿のロースステーキなどは食べた瞬間に『なんとなく鉄っぽい味』がします。 鹿肉の鉄分はヘム鉄と呼ばれるもので血液を作る重要な役割を担うもの。貧血気味の方には特に重要な成分と言えるでしょう。 お肉の質感はしっとりして密度が高く、柔らかくて口当たり良好。赤ワインとの相性が抜群です。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。