• 猪バラ肉スライス 福岡県産
  • ★★★★★2件のカスタマーレビュー

  • ¥3,385 (税抜き)
  • カテゴリー: バラ
  • 商品コード:IN40007RBR-SL500
  • 猪バラ肉スライス 福岡県産
  • 猪バラ肉スライス 福岡県産

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: y_93619   2017年03月23日   オススメ度:  ★★★★

  • 投稿者: 1942dsn   2016年04月05日   オススメ度:  ★★★★★

猪バラ肉スライス 500g

スライスした肉の感じは、うすいピンク色で豚バラ肉のスライスのようですが、火を加えて調理していくと、濃厚な脂の旨みが出てきて美味しいです。

やわらかい食感ながらもしっかりした肉質、味わい深さは猪ならではのもの。

形状は一般的な豚バラ肉スライスと同じなのでご家庭用でも扱いやすく、豚バラ肉よりもう少し「深み」や「味わい」が欲しい場合に最適な食材。脂身が充実しているにも関わらず、豚よりもあっさりしているのも猪の嬉しいところ。ヘルシーな不飽和脂肪酸に加え、コラーゲンも多く含むので美容にも貢献!

塩コショウでカリッと焼くだけでも旨みたっぷりです。

※この商品は、在庫の状況によって長崎県産もしくは大分県産に変更になる場合がございます。予めご了承ください。

福岡産猪バラ肉のQ&A

Q.バラとロースは違いますか?
A.どちらも定番の部位ですが、脂のつき方が違います。猪のロースで特にオスの場合は、豚肉ではまず見られないような分厚い脂のつき方をしており、これぞ猪、といった部位です。豚の場合、脂が多すぎるものは嫌われますが、猪の場合はこの脂の厚さこそが上等の証とされています。一方のバラは見た目も用途も豚バラと同じような感覚で使用できるため、一般家庭に導入しやすい部位だと言えます。
Q.猪バラ肉と豚バラ肉の違いは?
A.肉の質感と脂の質感、それぞれに異なります。同じバラ肉でも猪の場合は弾力や噛みごたえがあり、力強いです。また脂分は豚に比べてサラッとしており、口の中に残らない(=気持ち悪くなりにくい)特性があり、事実数値的にも不飽和脂肪酸が少ないという健康上のメリットがあります。また、特にオスの場合だと野生っぽい風味があり、好きな人にはたまりません。
Q.福岡産の特徴は?
A.福岡というと都会のイメージがありますが、この産地は海と急峻な山のある自然豊かなエリア。ここの猪は全体的に脂が乗って体格が良いという印象があります。また、ここの猟師さんは扱っている商品が多いのも特長のひとつです。猪の場合、ロースやバラといった一般的な部位以外にもヒレスペアリブといった他では扱っていない商品、またソーセージジャーキーといった加工品にも取り組んでいます。

Af88f9cdd1340dcd8fd4b3f7b3d300e0

<h3>猪バラ肉について</h3> バラ肉はお腹周り〜あばら周辺のお肉。脂の乗り切ったロースと同等かそれ以上に脂質が多く、猪の部位の中でも最もこってりした部位だと言えます。その分味わいも深く、しかしながら豚に比べるとややあっさりした感があります。用途としては豚バラ肉と同様でどんな料理にも手軽に使える万能型。その意味では初めての人にとって最も扱いやすいと言えるかもしれません。 尚、スペアリブと呼ばれるのはバラ肉の中の骨周りの部分。猪のスペアリブはあまり市場に出ていないので貴重です。 <h3>猪肉の特徴</h3> 猪肉はコラーゲンを多分に含み、高タンパクかつ低カロリーなヘルシー食材です。最近の調査ではアンチエイジング効果や認知症リスクの回避が期待される『コエンザイムQ10』が多く含まれる事も分かってきました。 また疲労回復作用のあるイミダペプチドの一つカルノシン(認知機能低下を回避する作用有)が多く含まれているという研究結果も発表されています。 猪は豚の祖先にあたるため、お肉の味は豚肉に近いですが、豚に比べると歯ごたえが強いのが特徴です。一方で煮ればみるほど柔らかくなる性質もあるので料理のやり方次第で様々な活用方法があります。 脂分は豚に比べても水溶性が高く、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が多く含まれていると言われています。分厚い脂肪も実際にはあっさりしてギトギトしておらず、脂肪の質そのものが牛や豚とは異なっているのが分かります。よって口当たりも良く、後に持たれにくいので、女性の方でも量が多く食べられます。たくさん食べたいけどダイエットもしたい、そんな方にはオススメかもしれませんね。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。