猪バラ肉スライス 大分県産猪バラ肉スライス 大分県産

  • 猪バラ肉スライス 大分県産
  • ★★★★★1件のカスタマーレビュー

  • ¥2,500(税/送料抜き)
  • カテゴリー:バラ
  • 商品コード:IN44004BR0-SL500
  • 猪バラ肉スライス 大分県産
  • 猪バラ肉スライス 大分県産

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: kum_i  2018年01月04日 オススメ度:★★★★★

猪バラ肉スライス 500g

焼肉用にはもちろん、料理もしやすい大きさのスライスです。

少し分厚めのカットなので猪肉らしさも味わえます。

とてもきれいなバラ肉で獣臭もほとんどしませんが、猪肉の特徴でもある甘みがしっかりあるので、濃いめの味付けの料理でも猪の個性が上手く引き出せます。

小分けにして冷凍保存しておいても、スライスなので解凍時間もさほどかからないので、豚バラ肉同様の扱いで、よりインパクトや個性のある猪肉を使った料理を手軽に楽しめるのでオススメです。

 

※この商品は、在庫の状況によって長崎県産もしくは福岡県産に変更になる場合がございます。予めご了承ください。

大分産の猪バラ Q&A

バラ肉とロースの違いは?
脂のつき方が違います。ロースは背中側でバラはおなか側。野生の猪は豚と異なり、ロースであっても分厚い脂が付きますが、脂身を求めるならばやはりバラ肉。猪は脂身が分厚いほど上質とされており、また脂の質も豚とは違って水溶性が高いのが特徴。サラッとしており、牛や豚の脂と比べてももたれにくいです。
どういう用途が最適ですか?
鍋物がベストかもしれません。溶け出す脂で汁にトロみが加わり、何ともいえない上質の旨みが味わえます。そのままだと濃く感じる人でも、鍋物だといくらでもお箸が進むはずです。不飽和脂肪酸とイミダペプチドで成分もヘルシー。昔は病み上がりの滋養強壮でも食べられていたほどの高栄養価食材。体も温まります。
大分産の特徴は?
このあたりはシイタケの原木となるクヌギやナラが多く植林されており、猪のエサとなるドングリ類が豊富なために丸々と太った猪が多いです。そういう猪は雑身が少なく臭みがありません。脂身もたっぷり付いていますが、この産地では付き過ぎた脂は適度にそぎ落としてから出荷しているため、一般家庭でも使いやすいです。

Af88f9cdd1340dcd8fd4b3f7b3d300e0

猪バラ肉について

バラ肉はお腹周り〜あばら周辺のお肉。脂の乗り切ったロースと同等かそれ以上に脂質が多く、猪の部位の中でも最もこってりした部位だと言えます。その分味わいも深く、しかしながら豚に比べるとややあっさりした感があります。用途としては豚バラ肉と同様でどんな料理にも手軽に使える万能型。その意味では初めての人にとって最も扱いやすいと言えるかもしれません。 尚、スペアリブと呼ばれるのはバラ肉の中の骨周りの部分。猪のスペアリブはあまり市場に出ていないので貴重です。

猪肉の特徴

猪肉はコラーゲンを多分に含み、高タンパクかつ低カロリーなヘルシー食材です。最近の調査ではアンチエイジング効果や認知症リスクの回避が期待される『コエンザイムQ10』が多く含まれる事も分かってきました。 また疲労回復作用のあるイミダペプチドの一つカルノシン(認知機能低下を回避する作用有)が多く含まれているという研究結果も発表されています。 猪は豚の祖先にあたるため、お肉の味は豚肉に近いですが、豚に比べると歯ごたえが強いのが特徴です。一方で煮ればみるほど柔らかくなる性質もあるので料理のやり方次第で様々な活用方法があります。 脂分は豚に比べても水溶性が高く、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が多く含まれていると言われています。分厚い脂肪も実際にはあっさりしてギトギトしておらず、脂肪の質そのものが牛や豚とは異なっているのが分かります。よって口当たりも良く、後に持たれにくいので、女性の方でも量が多く食べられます。たくさん食べたいけどダイエットもしたい、そんな方にはオススメかもしれませんね。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。