• 猪ローススライス 大分県産
  • ★★★★★1件のカスタマーレビュー

  • ¥2,917 (税抜き)
  • カテゴリー: ロース
  • 商品コード:IN44004RS0-SL500
  • 猪ローススライス 大分県産
  • 猪ローススライス 大分県産
  • 猪ローススライス 大分県産
  • 猪ローススライス 大分県産
  • 猪ローススライス 大分県産

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: 1942dsn   2017年03月06日   オススメ度:  ★★★★★

猪ローススライス 500g

猪の部位の中でも最も柔らかくて人気のある定番の部位、ロース。調理しやすいスライスで、鍋でも焼肉でも使えるお手頃な品です。

この猪の産地は水がとてもきれいで、九州のなかでもひときわ自然の豊かなエリア。その地域性がそのまま表れたようなクセの無さ、臭みの無さは「これが本当に猪?」と思わず唸ってしまうほど。

豚肉よりも風味豊かで密度の高い野生の恵み。柔らかさと歯ごたえが両立するイノシシならではの美味しさををお楽しみ下さい。

 

※この商品は、在庫の状況によって福岡県産もしくは長崎県産に変更になる場合がございます。予めご了承ください。

大分産の猪ロースのQ&A

Q.大分の猪ロースと他の地域の猪ロースはどう違いますか?
A.優劣はつけがたいですが、このエリアの猪の栄養状態はとても良好です。大分エリアは昔から林業が盛んですが、杉や檜の他にもシイタケの原木用にクヌギやナラが植林されています(全人工林の4%)。これらが多くの木の実(ドングリ)をつけるため、このあたりはとてもよく太った猪が多いです。猪は通常、年に1回春に出産(一部固体は秋に出産)しますが、クヌギが多いエリアでは「えさが豊富だから春と秋で2回出産する猪もいる」といわれるほどです。
Q.脂身が薄いようですが・・
A.この産地では目安として1cmくらいになるよう、余分な脂身は削いで出荷しています。猪は脂身が厚いほど良質とされていますが、それは上の世代の猟師さんたちの価値観。若い人や多くの女性は適度な脂身の方が美味しいと感じるのではないかとの判断で、当産地ではこのように処理されています。結果的に見た目もきれいで上品なスライスができあがります。
Q.ブロックとスライスで味の違いはありますか?
A.あくまで形状の問題なので味に違いはありません。ただ、スライスの場合は加工時に空気に触れる時間が多いため、ブロックに比べると鮮度が落ちる場合があります。通常の使用時には違いは出ませんが、長期冷凍の場合、冷凍焼けが出やすくなる可能性があります。冷凍焼けの原因は酸化で、その原因は酸素。空気に多く触れるほど酸化のリスクは大きくなります。冷凍であってもなるべくお早めにお召し上がり下さい。

444c5f382f0cec7d47da8d5b5a30db40

<h3>猪ロース肉について</h3> 猪肉の定番がロース。脂身のたっぷり乗った、最もポピュラーな部位だと言えます。豚肉の場合は脂身が多すぎると嫌遠されがちですが、猪の場合は脂身が多いほど上等とされます。 脂の質は豚肉ほどこってりしておらず、煮物や鍋物では非常にまろみのあるダシがとれます。 あらゆる料理に活用でる万能性があり、一方で最も猪らしい部位であるとも言えます。猪が初めての人は、まずはロースから。 <h3>猪肉の特徴</h3> 猪肉はコラーゲンを多分に含み、高タンパクかつ低カロリーなヘルシー食材です。最近の調査ではアンチエイジング効果や認知症リスクの回避が期待される『コエンザイムQ10』が多く含まれる事も分かってきました。 また疲労回復作用のあるイミダペプチドの一つカルノシン(認知機能低下を回避する作用有)が多く含まれているという研究結果も発表されています。 猪は豚の祖先にあたるため、お肉の味は豚肉に近いですが、豚に比べると歯ごたえが強いのが特徴です。一方で煮ればみるほど柔らかくなる性質もあるので料理のやり方次第で様々な活用方法があります。 脂分は豚に比べても水溶性が高く、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が多く含まれていると言われています。分厚い脂肪も実際にはあっさりしてギトギトしておらず、脂肪の質そのものが牛や豚とは異なっているのが分かります。よって口当たりも良く、後に持たれにくいので、女性の方でも量が多く食べられます。たくさん食べたいけどダイエットもしたい、そんな方にはオススメかもしれませんね。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。