• ペット用 鹿スネ肉 ぶつ切り 500gパック
  • ¥1,417 (税抜き)
  • カテゴリー:鹿 スネ
  • 商品コード:SK44004dgSN-SL500
  • ペット用 鹿スネ肉 ぶつ切り 500gパック

ログインしてレビューを書く

まだ投稿はありません。

新入荷🌟鹿スネ肉のブロック ぶつ切りタイプ 500gパック

無添加の鹿肉は人間にとってはもちろん、ワンちゃん、ネコちゃんの健康的なごはんの材料としても人気が高まりつつあります。

脂質の少ない鹿肉ですが、その中でも特に脂質が少なく、赤身肉が多いスネ肉はペットご飯に最適だと今注目されています。

鹿スネ肉は、よく運動している部分のお肉なので肉の味自体が濃い一方、生臭さが極めて少ないので、生臭さが苦手な猫ちゃんでもスネ肉なら食べる。という声もあります。

またゼラチン室に富んでいるので、コラーゲンが多いのも特徴です。

コトコト低温で煮込むことで、肉はトロトロに柔らかくなりますので、煮込んだ際の旨味とコラーゲンがたっぷり含まれたスープごと与えれば、関節の弱った老犬にコラーゲン・鉄分・水分・たんぱく質などを同時に補給できるのでオススメです。

使いやすいぶつ切り仕様にしてあるので、使う分だけ取り出して解凍できます♪。 

ペット用とは

人間用(=飲食店使用レベル)としてはベストではないお肉(食肉を加工する際に出た端肉・血が回ったお肉・肉質が粗いものetc..)を、価格を下げてペット用として出荷しています。実際には人間と同じ衛生基準で処理されたものであり、人間が食べても問題ないものです(※)。

※血が回っているものなどは、多少の生臭さがありますが、ペット犬にはむしろ好まれる傾向があります。

ペットの高齢化やアレルギーの増加によって、近年無添加の食材を選ぶペットオーナーの方が増えています。その中でも究極の食材が野生の鹿・猪です。人工飼料ゼロかつ豊富な運動量を誇る優良な肉質は、犬が本来自然界において食べていたお肉そのものです。

野生の鹿や猪を食べることによって、毛並みや肥満の改善、健康寿命の延伸といったペットヘルスケアにおけるプラスの効用が多く報告されています。

ペットさん定期便ユーザーさんは20%オフ!

ペット用のジビエ肉定期便

ペットさん定期便のユーザーさん限定で、表示価格から20%オフでお届けします。ご注文のちにお問い合わせフォームもしくはインスタメッセージからご購入の旨をお知らせください。

ペットさん定期便って何? という方は下記から詳細をご覧ください!

便利でリーズナブルな定期便

ペットさん定期便

個別で購入するよりもリーズナブルな、ペットのためのジビエ定期便「ペットさん定期便」をご用意しています。比較的高い頻度で与える際にはおすすめします。

→ 便利でお得な定期便スタート

ペット用商品一覧へ

Ce7b0ec0d35ad268c97071ca9b7a2863

<h3>鹿のスネ肉について</h3> 鹿肉の中で最も単価が安く、在庫も安定しています。筋肉の塊のような部位で、そのまま焼いて食べるのにはカタすぎるのですが、低温(60-64度くらい)でコトコトと長時間煮込むとコラーゲンが溶け出してとても柔らかくなります。 おまけに高タンパクでもカロリーは低く、美容と健康の味方となる食材です。スネ肉は総じてビールとの相性が良く、またサラダなどにササミの代わりに使っても美味しいです。 <h3>鹿肉の特徴</h3> ​鹿肉は牛肉に比べてあっさりしており、低カロリー高タンパクの優良食材です。 カロリーは牛肉の3分の1、脂質は10~15分の1とヘルシー。一方で鉄分は3倍、たんぱく質は1.5~2倍と、滋養強壮にも優れています。食べても胃にもたれず脂肪が蓄積しにくい為、美容と健康の味方とされています。 特にその鉄分は「金属探知機が反応する」という表現があるほどで、事実、鹿のロースステーキなどは食べた瞬間に『なんとなく鉄っぽい味』がします。 鹿肉の鉄分はヘム鉄と呼ばれるもので血液を作る重要な役割を担うもの。貧血気味の方には特に重要な成分と言えるでしょう。 お肉の質感はしっとりして密度が高く、柔らかくて口当たり良好。赤ワインとの相性が抜群です。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。