• ペット用 鹿肉 切り落とし 2kg
  • ¥4,998 (税抜き)
  • カテゴリー:鹿 その他
  • 商品コード:SK34101dg01
  • ペット用 鹿肉 切り落とし 2kg

ログインしてレビューを書く

まだ投稿はありません。

新鮮なペット用の鹿肉をご用意しました

鹿肉切り落とし

鹿肉の切り落とし冷凍2kg(500g x 4)です。各種部位混合の品です。健康不安や肥満対策、その他ペットの滋養強壮に天然育ちの無添加食材をおためしください。

→ 便利でお得な定期便スタート

鹿肉はどんな犬に適している?

鹿肉は滋養強壮に最適なお肉。特に成長期の1歳未満の幼犬や、逆に食欲の落ちた老犬にとっても有益な食材です。もちろんそれ以外の年齢の犬でも最適。自然界では鹿の天敵は狼(=犬の先祖)で、犬が本来食べていた無添加のお肉こそが鹿肉です。

ペット用とは?

Foremaから出荷するお肉は、保健所から営業許可を得た野生鳥獣解体所で解体処理されたものです。特にペット用という区分があるわけではありませんが、硬かったり切れ端だったりなどの理由で品質が落ちるもの(※)を「ペット用」としてリサイクルしています。

※質が落ちると廃棄となることが多い。

衛生基準的には人が食べても問題ありませんが、ベストな部位、肉質ではないため、愛犬用に活用してあげてください。(参考記事:ペット用の鹿肉・猪肉について)

与え方・注意事項など

最初は生肉で与えず、少量ずつ火を通してから少しずつ慣らしていってください。好き嫌いや合う合わないなどの個体差があります。与え方や量など、飼い主の方が適宜判断をお願いします。お肉が強すぎて、食べすぎると体調を崩す事例もあります。ご注意ください。

産地と鹿の種類について

島根県の山間部

産地はForemaの提携する中四国・九州・四国の産地のものを出荷します。在庫がない場合は北海道産の場合もあります。種類は、本州であればホンシュウジカ、九州・四国であればキュウシュウジカ、北海道はエゾシカとなります。これらは亜種の間柄で、基本的には体の大きさで分類されています。

肉質や味は地域によって違いがあり、それは気候だったり森林環境、食べているものなどに影響されるので千差万別です。野生動物なので日本の気候風土そのものに由来するものだと言えます。

鹿肉のペット事例

良い事例

・毛も抜けて先が短いと思われていた老犬が、鹿肉を食べ始めてからみるみる元気になり、抜け毛も収まった上に毛並みが良くなった。

・歳をとって食欲がなくなったが、鹿肉を食べはじめて見違えるように食欲が旺盛になった。

・肥満気味だったが適度に肉が落ちたようだ。

悪い事例

・皮膚が荒れて痒がるようになった。獣医に診てもらったところ、鹿肉の食べすぎを指摘され、量を減らしたところ収まった。(→適量の見極めが大切)

・食べ過ぎてお腹を壊した(→少しずつ慣らす事で解決)

関連商品

ペット用猪肉 切り落とし2kg

ペット用猪肉

文字通り猪肉の切り落としです。背景としては鹿肉と同じですが、犬によって鹿が好き・猪が好きと嗜好や相性が別れるため、双方をお試しいただく事をおすすめします。

ペット用猪肉切り落とし2kg

ペットさん定期便ユーザーさんは20%オフ!

ペット用のジビエ肉定期便

ペットさん定期便のユーザーさん限定で、表示価格から20%オフでお届けします。ご注文のちにお問い合わせフォームもしくはインスタメッセージからご購入の旨をお知らせください。

ペットさん定期便って何? という方は下記から詳細をご覧ください!

便利でリーズナブルな定期便

ペットさん定期便

個別で購入するよりもリーズナブルな、ペットのためのジビエ定期宅配サービス「ペットさん定期便」をご用意しています。比較的高い頻度で与える際にはおすすめします。

→ 便利でお得な定期便スタート

ペット用商品一覧へ

<h3>鹿肉の特徴</h3> ​鹿肉は牛肉に比べてあっさりしており、低カロリー高タンパクの優良食材です。 カロリーは牛肉の3分の1、脂質は10~15分の1とヘルシー。一方で鉄分は3倍、たんぱく質は1.5~2倍と、滋養強壮にも優れています。食べても胃にもたれず脂肪が蓄積しにくい為、美容と健康の味方とされています。 特にその鉄分は「金属探知機が反応する」という表現があるほどで、事実、鹿のロースステーキなどは食べた瞬間に『なんとなく鉄っぽい味』がします。 鹿肉の鉄分はヘム鉄と呼ばれるもので血液を作る重要な役割を担うもの。貧血気味の方には特に重要な成分と言えるでしょう。 お肉の質感はしっとりして密度が高く、柔らかくて口当たり良好。赤ワインとの相性が抜群です。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。