• 鹿角のオブジェ Lサイズ
  • ¥25,000 (税抜き)
  • カテゴリー:その他 鹿角
  • 商品コード:TN34214-SK001L
  • 鹿角のオブジェ Lサイズ
  • 鹿角のオブジェ Lサイズ
  • 鹿角のオブジェ Lサイズ

ログインしてレビューを書く

まだ投稿はありません。

貴重な大型サイズ! インテリアで活躍する鹿の角のオブジェLサイズ

鹿の角と頭部

全体サイズ:30〜35cm x 60cm〜80cm
角サイズ:40〜55cm
重さ:1400〜2000g

基本的には受注生産です。(現在在庫1つあり)

運良く在庫があれば、比較的短期間で出荷が可能です。写真はあくまでサンプルであり、全く同じものが届くというわけではありません。類似のサイズ、見た目のものが出荷されるというご理解でお願いいたします。

鹿の角は春先に落ち、そこから生えかわって秋口に皮をかぶった状態の立派な袋角が生え揃います。そこから皮が剥がれて角の本体が現れ、やがて繁殖期を迎えます。そこから春前までの限られた時期の鹿の頭部が活用されています。

産地と商品の背景

安芸高田市 高森近辺

鹿は広島県の田園地帯安芸高田市一帯〜隣接する三次エリアに生息するもの。広島県内に生息する鹿の多くがこのエリアに集中しており、農作物被害対策としての害獣駆除及び、資源としての有効活用への取り組みがな進んでいる地域だと言えます。

広島県自体が西日本の鹿の生息域からやや隔離されたような分布という背景もあり、安芸高田市の鹿は「個体群としては比較的小規模」なのだそうです。よって一定の駆除圧のかかる当エリアにおいては大型の個体はすでに少なく、当写真のサイズの個体(3-4歳くらい)が主体となっています。

角

「駆除しすぎて大型の個体が減った」という一文だけ見ると「自然破壊」と受け止める人もいるかもしれませんが、鹿の繁殖力は旺盛で、生息するための資源(食料や森林などの生息エリア)が十分な地域であれば、年間で全個体数の3割程度の駆除圧であっても1年で回復できるという論文もあります(※)。事実、安芸高田市では一向に個体数が減らず、逆に周辺の自治体にまで生息エリアが広がっている現実があります。(鹿の過剰繁殖の方が自然界にとって大きな負荷)

引用 ・・つまり,資源が十分であれば生息個体数の三割程度の駆除圧をかけても,シカは次の年までに十分に回復できるのだ.個体数の 回復力はシカが農作物を大量に摂取できてしまう環境では特に高まるだろう.

引用:シカの異常増加を考える-北海道大学

猟師の古門さん

人間との共存の兼ね合いで仕方なく仕留められてしまった鹿のお肉は、食肉としての活用価値は非常に高いです。一方で、角や毛皮は処理できる人が少なく、また販路の問題からもあまり商品として光が当たってきませんでした。当オブジェは地元の猟師さん(上写真)から商品化の許可を頂き、自然資源の活用の一環としてForemaのラインナップに登場することができました。

関連記事:安芸高田市の猟師さんのお話

自然界のものですので、サイズや形などは不揃いで左右が不均等なこともあります。出荷時期も不定期で、工業製品のような安定感は皆無です。その点をご理解いただき、かつ自然界の一部として当商品を愛していただければ幸いです。

関連商品

鹿の毛皮

鹿の毛皮オブジェ

野生の鹿(ニホンジカ)の毛皮。オブジェやアクセサリーなどの商品展示用に

https://www.fore-ma.com/product/129

鹿角のオブジェMサイズ

当商品より一回り小さなMサイズ。小ぶりでやや女性的。比較的置き場所に困らない点が魅力。

https://www.fore-ma.com/product/128

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。