猪ロースブロック 猪ロースブロック

  • 猪ロースブロック
  • ★★★★★1件のカスタマーレビュー

  • ¥2,985(税/送料抜き)
  • カテゴリー:ロース
  • 商品コード:IN18002RS1-BL
  • 猪ロースブロック
  • 猪ロースブロック
  • 猪ロースブロック

ログインしてレビューを書く

  • 投稿者: k  2019年09月23日 オススメ度:★★★★★

猪ロース ブロック(500g目安)

猪肉の中でもBBQなどの焼き系での人気の高い猪肉ロースブロックです。

ロースト猪肉などにも◎

500g目安なのでお料理にお手頃なサイズな上、やや小ぶりなだけに味が繊細で、大型の個体にはない柔らかみと、雑味のない上品さにポイントあり。

個体差・地域差の大きい猪は地域ごとに食べ比べてみるとおもしろいですよ。

注意事項

重量はあくまで目安です。猪は個体差が大きいため、場合によっっては受注後、出荷商品のサイズに合わせて多少お値段が上下する場合があります。お支払いは可能な限り「後払いコム」をご利用ください。

受注生産となる場合が多い為、10日〜2週間程度余裕を持ったご注文をお願いします。

お急ぎの場合はご注文前にあらかじめお問合せください。

444c5f382f0cec7d47da8d5b5a30db40

猪ロース肉について

猪肉の定番がロース。脂身のたっぷり乗った、最もポピュラーな部位だと言えます。豚肉の場合は脂身が多すぎると嫌遠されがちですが、猪の場合は脂身が多いほど上等とされます。 脂の質は豚肉ほどこってりしておらず、煮物や鍋物では非常にまろみのあるダシがとれます。 あらゆる料理に活用でる万能性があり、一方で最も猪らしい部位であるとも言えます。猪が初めての人は、まずはロースから。

猪肉の特徴

猪肉はコラーゲンを多分に含み、高タンパクかつ低カロリーなヘルシー食材です。最近の調査ではアンチエイジング効果や認知症リスクの回避が期待される『コエンザイムQ10』が多く含まれる事も分かってきました。 また疲労回復作用のあるイミダペプチドの一つカルノシン(認知機能低下を回避する作用有)が多く含まれているという研究結果も発表されています。 猪は豚の祖先にあたるため、お肉の味は豚肉に近いですが、豚に比べると歯ごたえが強いのが特徴です。一方で煮ればみるほど柔らかくなる性質もあるので料理のやり方次第で様々な活用方法があります。 脂分は豚に比べても水溶性が高く、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が多く含まれていると言われています。分厚い脂肪も実際にはあっさりしてギトギトしておらず、脂肪の質そのものが牛や豚とは異なっているのが分かります。よって口当たりも良く、後に持たれにくいので、女性の方でも量が多く食べられます。たくさん食べたいけどダイエットもしたい、そんな方にはオススメかもしれませんね。

お願い

Foremaで扱っている鹿や猪は野生動物であるため、
味や肉質、大きさにかなりの個体差が出る場合があります。

また地域によっても気候風土や食べ物が異なるために、やはり違いが出てしまいます。
さらには季節によっても、雄か雌かによってもかなりの変動があります。

こういった不安定な特性も含めて自然の一部としてご理解頂くとともに、
それらの違いを楽しみながらご賞味頂ければ幸いです。

禁止事項

Foremaで取り扱っているのは野生の鹿や猪です。生食は絶対におやめください。
E型肝炎をはじめとした各種感染症などのリスクがあります。

※解体の段階で感染のチェックは行われていますが、リスクをゼロにする事は不可能です。