Foremaとは?

ジビエ食材と森のマルシェ『Forema(フォレマ)』について

Forema(フォレマ)は日本最大(を目指す!)ジビエ食材のオンラインマーケットです。

Foremaで主に取り扱うのは日本国内で仕留められた野生の鹿と猪 (駆除・狩猟の双方)。ヒレやモモ、ロースといった一般的なお肉のほか、ソーセージやベーコンといった加工品、燻製や肉マンといった地域オリジナル商品など、全国のジビエ関連商品を多く取り扱っていく予定です。

また、鹿や猪だけでなく、ウチダザリガニやヨーロッパナマズといったいわゆる『侵略的外来種』に関する商品の開拓や、鹿の角や皮、猪の毛皮や牙といった、これまで廃棄物として捨てられていたものを可能な限り再利用できるよう商品開発も行っていきます。

Foremaオープンの背景について

近年ジビエという言葉を耳にする機会が多くなりましたが、背景にあるのは野生の鹿や猪による農作物被害、いわゆる害獣被害です。害獣による農作物被害は年間200億円を超え、これらの被害を食い止めるために駆除された野生の鹿や猪は年間で計83万頭を超えます(農水省調べ)。

従来、駆除された害獣は土に埋めて処分される事が大半で、道義的にも生産性の観点からも改善の余地が多くありました。仕留められた害獣の食肉を少しでも有効活用しようという流れからフランス料理の狩猟肉を指すジビエが注目され、全国山間部の各自治体が施設整備・商品開発に力を入れて今に至っています。

しかしながらこの数年で農作物被害および害獣駆除数はさらに増加しており、駆除しても駆除が追いついていない状況があります。一方で、地域特産のジビエ食材として活用を期待されている鹿肉や猪肉は、販路の問題から活用があまり進んでいない現状があります。

Foremaでは、こういった害獣をはじめとするジビエ関連商品に日の光をあてる事で、害獣駆除という無益な殺生を、せめて有益な経済活動に転化させ、食品に対する新たな価値観(工場出荷の大量生産 同一規格ではない商品)の普及に貢献し、ひいては山間部経済のささやかな活性及び日本の山林の生態系改善に、多少なりとも貢献できればと考えています。

ジビエとは?

ジビエという単語はフランス語で狩猟肉を指します。フランス文化では秋になるとハンターが山に入って鹿や猪、野鳥などを狩って食材とします。それらはフランス料理における最高級食材とされ、長い間重宝されてきました。フランス以外ではスペインやドイツ、ベルギーといったフランス近隣の国でも同様の文化があるようです。

欧州で主に食べられているジビエ食材としては、鹿、猪以外にも野うさぎや熊、雉(キジ)や真鴨(マガモ)があります。 ジビエが欧州で盛んであるのに対し、日本で普及していないのは、狩猟民族と農耕民族という文化的背景および仏教による宗教的な価値観(※)が大きいように思われます。国内では明治維新の頃にようやく牛肉食が始まり、それですら当初は食べるのに相当に勇気のいることだったとも言われています。その頃から百数十年程度たち、ようやくジビエという価値観が国内で少しずつ広がり始めているようです。
(※)例外もあったようです。猪が山くじら(=魚扱い:当時は鯨も魚)と呼ばれたり、兎が一羽二羽(=鳥扱い)と数えられるのはその名残。

鹿や猪被害が急増した背景について

日本の山間部では全国的に害獣被害が増加しています。地域によって鹿だったり猪だったり、両方だったりしますが、これらの原因として以下の理由が挙げられています。

1.里山の疲弊

従来人間の生活ゾーンと野生動物との緩衝地帯になっていた里山が、高齢化や過疎化によって人の手が入らなくなり、野生動物が人里に現れるようになったと言われています。双方の生活圏が隣接する事でトラブルになり、農作物被害の急増や害獣駆除につながっています。 同時に猟師などのハンターの高齢化も同時に進み、駆除が追いつかない大きな一因ともなっています。

2.温暖化による個体数の増加

地球全体の温暖化により、平均気温がじわじわと上昇しています。この影響で、従来であれば冬を越せなかった弱い個体や小さな個体が自然淘汰から生き延び、結果として個体数の増加につながっていると指摘されてています。根本が地球全体の問題だけに、ここの解決は私たち含め今後数世代に課せられた大きな課題です。

3.狼の絶滅による捕食者の不在

1905年を最後に野生の狼の公式な目撃例はなく、日本オオカミは絶滅したとされています。これによって生態系のバランスが崩れ、鹿などの個体数抑制に歯止めがかからなくなったという説があります。狼自体は江戸時代末期にはかなり個体数が減っており、よって近年の鹿の激増とは無関係だとする声もありますが、捕食者不在の現在の形が生態系の本来のあるべき姿でない事は確かです。

90年代半ばにアメリカのイエローストーン国立公園で、カナダで捕獲した狼を放したとろ、それまで大繁殖していたエルク(大型の鹿)の個体数が抑制され、わずか数年で野山どころか河川の生態系、土壌の微生物環境までが劇的に改善した例もあります。

4.山林そのものの荒廃

費用や人手不足の理由から山に人の手が入らなくなり、山林そのものが荒廃していると言われています。ただ、それ以前の問題として、人が手を入れないと荒廃する日本の大半の人工林の方が不自然ではないでしょうか?日本の森林の半分近くを林業用の人工林(主に杉や檜)が占めている点こそが山林の荒廃そのもののような気がしてなりません。森林の生態系は最低でも70年くらいの長期スパンで観測しないと正解が分からないといいます。奇しくも現在は戦後70年。国策として人工林を大いに推奨した時代から、生態系のあり方に一定の評価を下すタイミングなのかもしれません。

Foremaは、食材販売だけではなく、自然環境や生態系の改善について考え、本気で行動していける組織・企業を目指しています。